sakamttyの日記

天文、宇宙、子育て(一児の父)、本・絵本について書いてます。

論文感想・データ解析 van Dokkum 2001 "Cosmic-Ray Rejection by Laplacian Edge Detection"

Cosmic ray eventsやradiation eventsがCCD面上に入った場合、

1枚の画像だけからそれを取り除く手法。

より具体的には、

Cosmic ray eventsやradiation eventsは隣のbackgroundのピクセルから

カウントが急にあがるので、その性質を利用して、Laplacian filterを使って除去するという手法。

最近、厚い(e.g.,完全空乏型)CCDカメラが普及してきて、

それをしっかり取り除くことが重要視されてきており、需要が上がってきてます。

結構高精度で除去してくれます。

もちろん、あまりにもundersamplingな画像の場合は

暗い星を消してしまったり、明るい星の裾野を消してしまったりしますが。。。

最大の欠点は、処理に時間がかかりすぎること。

pyrafバージョンはirafバージョンよりかは格段に高速です。

しかし、まだちょっとフラストレーションがたまります。。。

FPGAを利用すればもう少し改善されるのかもしれません。