sakamttyの日記

天文、宇宙、子育て(一児の父)、本・絵本について書いてます。

モンゴル政府さん、一緒にスペースデブリ観測しませんか (「政府、モンゴルに人工衛星売り込み-年内にも覚書協定」のニュースへの感想)

政府、モンゴルに人工衛星売り込み-年内にも覚書協定

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720130410eaaj.html

 

これを気にモンゴルのどこかに、

スペースデブリ観測用に口径2mくらいの光学望遠鏡を置いて、

一緒に観測させて頂けませんか?

 

自国で衛星運用するなら、衛星が機能停止に追い込まれないよう、

スペースデブリの監視はとても重要です。

もちろん、大きなデブリとの衝突はNORADの軌道要素を使えば、

回避できます。しかし、小さなデブリはそうではないです。

そして、小さなデブリでも衛星の一部機能破壊は余裕でできます。

 

また、スペースデブリ観測施設をモンゴルに置くならば、

モンゴルは日本の衛星、より安く利用できるかもしれません。

 

これは以下のような理由です。

モンゴルは日本に比べ格段によく晴れ、

空の透明度は高く、空も暗いです。

従って、このような環境下で観測すれば、

日本国内にあるどんなスペースデブリ観測施設よりも

小さなスペースデブリを発見しやすく、

かつその軌道も決めやすいのです

(もちろん、モンゴルは日本よりも少々緯度が高いので、

静止軌道帯付近の観測には向かないのですが、

そんな欠点よりも良い空の下で観測できるという利点は

大きいはずです)。

 

最高峰の山はフイテンで、4373m。

富士山より少々高めで、すばる望遠鏡のあるマウナケア山頂と

同じくらいですね。この山の山頂はどうなのでしょう?

 

私はモンゴルに移住して一緒に観測し、

ぜひ衛星へのデブリ回避に貢献したいです。