sakamttyの日記

天文、宇宙、子育て(一児の父)、本・絵本について書いてます。

「にじいろのさかな」朗読を聴いて2

 今回は児童の反応編。
ちなみに息子のクラスは4人。

... 1、息子
先生「うろこをもらえなかったら、どう思う?」
息子「かなしい」
私の心の中「あれ?いつもの息子ならうそだろ~。
        おこる。むかつく!だろ~」
帰ってから息子に問いただすと
「本当の気持ちを言うと怒られそうだったから・・・・」
う~ん。空気を読んだようです。
これは私は喜ぶべきでしょうか悲しむべきでしょうか?
う~ん・・・。

2、ある児童
小さなさかなは、にじいろのうろこをもらったとき、
どう思いましたか?という先生の問いに、
ある児童、「かなしかった」
絵本のなかに、
「小さなさかなはうれしかった」
と記述されていたので、
先生の求める答えとは違ったもののようでしたが、
私は、なかなか大物だと思いました
(残念ながら、うちの息子じゃないです)。

残念ながら、その児童がどうしてかなしいと思ったのか、
聞くチャンスなかったので、どうしてかなしいと思ったのかわかりません。

ですが、こういう感情大事かもと。
以前は、周りのさかなが欲しいといっても、
あげなかったさかなが、くれるんですよ。
本当はあげたくないはず。
それを無理矢理もらっちゃったわけです。
ちょっと申し訳ないなあ。
やりすぎちゃったかもなあ。
他人の物をやや強引にもらおうとする、
自分の欲望の深さに悲しくなっちゃうなあ、と感じることも必要なのかも。。

考えすぎでしょうか?

にじいろのさかなの絵本はこちら。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062619512/ref=as_li_tf_il?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4062619512&linkCode=as2&tag=tsakamoto-22