sakamttyの日記

天文、宇宙、子育て(一児の父)、本・絵本について書いてます。

鳴沢真也さん「宇宙人の探し方」を読んで~読み途中で思ったこと:前編~

 

すみません。

まだ読み途中です。

でも、そろそろ感想を書いた方がいいなあと考え、書きます。 

今回は、この本で発展性のある部分にフォーカスします。

 

この本の特徴の1つは、

専門用語や数式はそこそこ出てくる

ことです。

 

一般向けの天文学の本は専門用語や数式を極力避けているように

みえます。しかし、この本は違います。

少しずつですが、出てきます。

  

これ、私はすごいことだと思ってます。

なんか企んでるのでしょうか(笑)。

 

 

専門用語や数式は極力避けられる理由は、

その本だけを読むだけである程度理解できないと

その先は読者に読んでもらえない

と考えられているから、かもしれません。

 

もしこういった理由なら、今はある程度出しても

よいのでは?と考えています。

googleSNSがありますので。

 

わからない専門用語や数式があれば、ググればいいのです。

 

あるいは、わかる人に聞けばいいのです。

身近にわかる人がいなければ、SNSで質問すればいいのです。

 

幸いSETIの第一人者の鳴沢さんはtwitterFacebookやられてます。

ですから、作者本人に質問すればよいのです。

なんて贅沢な時代なのでしょ~。

 

鳴沢さんはそういう時代の変化を汲み取り、

専門用語や数式をそこそこ使ったのかもしれません。

 そういう意味では、本に鳴沢さんのtwitterアカウント等が

載っていなかったのはちょっと残念です

(もし私が見落としていただけなら、すみません)。

 

twitterで聞くと迷惑になりそう?恥ずかしい?

いえいえ、ご本人きっと喜びます。

 

もしお時間がなければ、時間を決めて、

質問タイムみたいものをやればよいのかも。

この時は私も参加して質問しますよ(笑)。

 

読み途中で思ったことは、まだあります。

後編をお待ち頂ければ幸いです。

もちろん、本の続きも読みます。

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村