sakamttyの日記

天文、宇宙、子育て(一児の父)、本・絵本について書いてます。

鳴沢真也さん「宇宙人の探し方」を読んで~読み途中で思ったこと:後編~

引き続き後編です。

 

前編はこちら。

 

鳴沢真也さん「宇宙人の探し方」のおもしろい所は、

鳴沢さんの未来予想?みたいな部分です。

 

この本、ちょこちょこ、鳴沢さんの未来予想?が登場します。

これがなかなかおもしろいです。

いい感じでこちらの思考スイッチを押してきます

 

書きすぎると、本を読む楽しみがなくなってしまうので、

1つだけ紹介します。

 

20XX年なゆたは国内で5番目

 

 おそらく望遠鏡の口径の大きさでしょう。

   そこそこ現実的な数値を出してきましたね(笑)。 

 

 まず「なゆた」=西はりま天文台のなゆた望遠鏡です。

 鏡の口径は2m。国内で1番大きいです。

 

こちらがなゆた望遠鏡。

観望会もありますよ。運が良ければ、鳴沢さんの生解説が聞けます。 

nayuta

 

 現在公表済みの2m以上級望遠鏡計画は

 -京大3.8m望遠鏡

 -スペースデブリ専用2m級望遠鏡(リンク先はpdf)

 です。

 

 仮に、これらが全て完成したら、なゆたは3番目になります。

    これに加え、2m級以上望遠鏡計画が2台くらいあるという噂が

 あります。従って、なゆたは5番目というのは妥当な数値だと

 私は考えています。

 

 既に思考スイッチを押された私。

 いろいろ書きたい!!

 心を抑えつつ、もし私だったらどう答えるか、結論だけ書きましょう。

 「20XX年なゆたは国内で10-20番目

 

 他には、「iET発見は鳴沢さんの退職日」といったものもあります。

 ロマンチックですね~。 

 

いや~、鳴沢さん の未来予想?、うまいですねー。

思考スイッチ押されたい方、ぜひ一読することをお勧めします。

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村