sakamttyの日記

天文、宇宙、子育て(一児の父)、本・絵本について書いてます。

Windows 7とLinuxのデュアルブートpcの構築方法

Windows 7(Home Premium)とVine Linux 6.2 (64bits版)を

デュアルブートで使えるよう、PCを設定しました。

作業手順をメモしておきます。

なお、この方法以外にもデュアルブートのシステム構築方法はあります。

 

今回参照したウエブページは

taka8aru: WindowsのブートローダーでLinuxとデュアルブートする方法 - Ubuntu 9.10, Grub 2の場合

です。

 

LinuxVineUbuntuで、若干異なる点もありましたが、

大変参考になりました。

深く感謝しています。

 

ここでは、

Windows 7が既にインストール済み

Vine 6.2 のisoもDVDに焼かれている

と仮定します。

 

(1)Windows 7上で

-スタートメニュー→コンピューターのところを右クリック

-「管理」をクリック

-「記憶域」の「ディスク管理」をクリック

-容量を変更したいボリュームのところを右クリック

-「ボリュームの縮小」をクリック

-「縮小領域の照会」と表示が出るので、しばらく待つ(けっこう待った)。

-縮小する領域のサイズを設定

-空きができていることを確認して、再起動

 

(2)Vine linux立ち上げ(今回はDVDから)

(当たり前ですが、必要に応じてBiosの設定を忘れずに)

-「disk Druidで~」を選択(手動でパーティション切る)

-先ほど空けたところにインストール

新規をクリックして、

/boot (ext4, 256MB)

swap (1024MB)

/ (ext4, 残り全部)

は最低作る。

重要なのは、

ブートローダーのインストールのところで

Grub ブートローダーの変更をクリック

-「ブートローダーをインストールしない」を選択

することです。

 

(3)Windows

grub4dosをダウンロードし、grldrとgrldr.mbrをC:にコピー。

コマンドプロンプトを右クリックして、

管理者として実行をクリック。

 

bcdedit /create /d "Vine Linux 6.2" /application bootsector

とタイプ。

{XXXX}と表示。以降この番号を使います。

bcdedit /set {xxxx} device partition=C:
bcdedit /set {xxxx} path \grldr.mbr
bcdedit /displayorder {xxxx} /addlast

 

C: 直下にmenu.lstを作成

私の場合、

sda3 /boot

sda6 /

でした。

sda*の情報はlinux インストール時に

メモしておきましょう。

もちろん、忘れても大丈夫です(←今回私はコレ)。

Knoppix DVDで立ち上げ、

/ や /bootを調べれば良いだけです。

 

menu.lstには、

title  Vine Linux 6.2 <--好きな名前。ブート時に表示。

root (hd0,2) <--/bootのデバイス名、パーティション番号

kernel /vmlinuz ro root=/dev/sda6

を書きます。

 

そして、再起動。

作業は以上です。

ご参考になれば、幸いです。

 

もちろん、

Linux インストールして欲しい、

あるいはWindows/Linuxのdual bootシステムを

設定して欲しいなど、

ご依頼があれば、喜んでお引き受けします。

 

ご依頼は

sakamototsu あっとまーく gmail.com

まで。

よろしくお願いします。

 

 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村