sakamttyの日記

天文、宇宙、子育て(一児の父)、本・絵本について書いてます。

ntpの稼働させ方

時刻合わせで有名なntpの稼働させ方です。

なお、LinuxVine Linux 6.0です。

 

0、suになる

su

パスワード入力

 

1、ntpサーバーの設定

/etc/ntp.conf


# Undisciplined Local Clock. This is a fake driver intended for backup
# and when no outside source of synchronized time is available. The
# default stratum is usually 3, but in this case we elect to use stratum
# 0. Since the server line does not have the prefer keyword, this driver
# is never used for synchronization, unless no other other
# synchronization source is available. In case the local host is
# controlled by some external source, such as an external oscillator or
# another protocol, the prefer keyword would cause the local host to
# disregard all other synchronization sources, unless the kernel
# modifications are in use and declare an unsynchronized condition.
#
#server 127.127.1.0     # local clock
#fudge  127.127.1.0 stratum 10  

の下にntpサーバーを書く。 

ntpサーバーはお好きなものを選べば良いですが、

私は

server ntp.nict.jp

server ntp.tohoku.ac.jp

としています。

 

2、ntpのデーモンntpdを起動

 /etc/rc.d/init.d/ntpd start

 

3、ntpサーバーと時刻同期しているかチェック

/usr/sbin/ntpq -p

ntpサーバの名前の前に*か+が出ていればok

 

4、ntpdを自動的に動かすように設定

/sbin/chkconfig on

 

5、ちゃんと設定できたかチェック

/sbin/chkconfig --list ntpd

 ntpd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

となっていればok。

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする