sakamttyの日記

天文、宇宙、子育て(一児の父)、本・絵本について書いてます。

「電気エネルギーを使用しない軽量・安価な流体駆動義手」、産業用ロボットアームに使えそう

1/10 【高専 新技術説明会】に行ってきました。
発想はシンプルでおもしろい義手に会えましたので、紹介します。

 

 

今回紹介するのはこちら。

 

電気エネルギーを使用しない軽量・安価な流体駆動義手

f:id:sakamtty:20190113075023j:plain



 

(1)解決しようとする課題

・現在市販されている義手は重く、価格も高い(数十万円~数百万円。)

・バッテリが必須であり、それによって使用時間が限定される

・やわらかい物をもつのが難しい

(2)ソリューションとその原理

・流体(空気・水・油)駆動型の義手

・流体は腕の回転・ひねりのエネルギーを使用して駆動 

f:id:sakamtty:20190112223545j:plain

(3)メリット

・流体は軽い重量で強い力を生み出すので、軽量化可能

・構造がシンプルなので、低コスト化可能

・無動力なのでバッテリ不要

(4)課題

・現在は2指タイプのみ。

・実証実験不足。量産体制もまだ。

私の質問と登壇者の回答

Q.産業用のロボットアームへの応用は可能。

A.可能。

Q.健常者にとりつけ、四本の腕の2本として駆動することは可能か?

A.単純な動きなら可能。また、必要となる把持力の確認は必要。

私の期待

医療・福祉分野での義手としてではなく、

産業用ロボットアームとして利用できないだろうか?

と考えてます。

というのも以下の3つの理由からです。

・産業用のロボットアームはとても重いので、

 軽量で強い力を生み出す構造物が強く望まれている。

 例えば、COBOTTAですと、せいぜい500gのものをつかむのが限界。

・産業用の方が速く応用できそう

 人へ応用するには、少なくとも5指かつそれぞれの指の関節が2つ必要となりそう。

 しかし、産業用なら、2指かつ指関節なしで十分な場合が多いので。 

・安価で製作できることを強調されていましたが、

 価格の見積もりが甘い気がしてます。

   現在いくつかある競合プロジェクト

 (Open BionicsHandii CoyoteRehand

 と違って、資金は高専の自己資金のみで製作しているようです。

 となると、これから迫りくる量産体制整備はそれなりにお金と時間がかかるはず。

 となると、そんなに低価格では売れないはずなんですよね。

 少なくとも初期段階では。

 個人が気楽に買えるよう向け価格での販売はまだまだ難しいという判断。

 

可能なら、うちのCOBOTTAさんにつけてみたいです

(腕を含め、ちょっと改造は必要かもしれませんけど)。

重たいものが把持できなくてとても困ってます・・・。

もちろん、つけたら、いじり倒していやりますよ(笑)。

 

***

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

マイクロホンアレイで録音し二次元FFTかけると、特定音源のみ聞けるようになるらしい

12/6 【山梨大学 新技術説明会】に行ってきました。
早くモノづくりしてほしいセンサに出会えましたので、紹介します。

 

 

今回紹介するのはこちら。

 

焦点位置からの音のみを収録するスマホサイズのアレイ

 

f:id:sakamtty:20181213082156j:plain

 

 

(1)原理

 ①円弧上に並べたマイクロホンアレイで録音

f:id:sakamtty:20181213092606j:plain

 ②2次元フフーリエ変換し、時空間音圧分布画像を作成

 ③雑音の分布をモデル化し、除去

 ④特定の音源からの音のみ検出

(2)メリット

・欲しい音だけ取得できる(ノイズカット)。

・特定の人同士のコミュニケーションを実現し、次世代SNSに利用できる

・シンプルな解析手法を用いているため、応用が簡単。

(3)課題

・マイクロホンアレイを使って実験していない

私の質問と登壇者の回答

Q.可聴域を若干超えるような帯域(20-40kHz)の音でも

 この方法を適用できるのでしょうか

A.原理的にはできる。実際は、音のセンサであるMEMS

 をどこまで近づけることができるかがキーとなる。

 場合によっては、MEMSを複数列に並べて配置するなど

 工夫が必要になるかもしれない。

Q.音源特定の空間分解能はどれくらいでしょうか?

A.理論的には特異点的なふるまいをするので無限。

 実際は1度くらいまではいけるだろう。

私の期待

モノが登場するのかな?と思っていましたが、

それがなかったのは個人的にちょっと残念でした。

産業界での利用先としては、

・工場における機械の異音検出

に使えるかな?と思いました。

機械の異音検出は、

現在1個のマイクロホンで拾った音を解析することによって

実施されています。

しかし、欲しい機械の音以外の音がけっこう入ってしまうため、

マイクロホンの設置位置もけっこう重要になります。

そのため、音のデータを解析する前に、

目的とする音がよくとれるよう、

設置位置のトライ&エラーを繰り返しています。

この作業は、ちゃんとやろうとすると、意外と時間がかかります。

 

本発表の理論を適用すると、この作業の手間が省け、

適当にポンとマイクロホンアレイを設置して、解析するだけで、

データ解析に使える音データを取得できるはず。

いいことづくめです。

 

また、個人的には、補聴器の代わりになってほしいです。

というのも、 現在の補聴器めちゃくちゃ高いです。

どんなに安くても20万円くらいします。

この先も機能追加していき、どんどん高額になっていくでしょう。

その流れに対して、本発表の手法は独立した立ち位置にあります

(少なくとも技術的には)。

なので、安価な補聴器が到来するかもしれません。

 

それ以外に、登壇者の発表にもありましたが、

次世代SNSにも使えるかもしれません。

 

まだまだ理論の域を出ていないですが、

これからどう発展していくのか注目したいです。

 

***

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

11/29 新技術説明会【SMAワイヤアクチュエータ】が将来性のあるものに進化しつつあった

11/29 【スマートデバイス・計測 新技術説明会】に行ってきました。
将来性あるアクチュエータに出会えましたので、紹介します。

 

 

今回紹介するのはこちら。

 

SMAワイヤアクチュエータの音声周波数帯域駆動

 

f:id:sakamtty:20181129231258j:plain

 

(1)原理

SMA(形状記憶合金)を使ったアクチュエータ。

パルス波にバイアス電圧を印加することで、 

入力電圧に最も敏感に変位の変わる状態を維持し、

これまでよりもより高い周波数帯での駆動を可能にした。

※SMA(形状記憶合金)の特性

www.actment.co.jp

 

(2)メリット

・6kHzまでの駆動が可能

(今まではたかだか1kHzまで)

・ピエゾ素子のような高い電圧の印加は不要

(3)課題

・より高周波帯での駆動

・ 弾性体の形状配置

・音声周波数帯でのアクチュエータ応用先

私の質問と登壇者の回答

Q.SMAワイヤー、もっと細くできますか?
A.できる。今使っているのは直径150 μm のものだが、
    市場には直径が50 μm のものが出ている。

Q.より高い周波数帯で駆動できないでしょうか?
できれば可聴域を超える周波数。
A.できるかもしれない。ワイヤーの直径を小さくすれば、
 SMAは冷却しやすくなるので、より高周波数帯で駆動できる可能性はある。 

私の期待

個人的には、SMAワイヤー、アクチュエータとして前から期待していました。

ただ数百Hzという低くかつ可聴域でしか駆動しないというのが大きな欠点。

これだったら、お安く入手できるピエゾ素子

(ちょっと高い電圧が必要になりますが、)を使います。

 

しかし、もし、10kHz以上で駆動するのであれば

ピエゾ素子よりも低い電圧で駆動できる(ひょっとしたら5Vくらいでも)

はずなので、回路設計や省エネ対策など考えることが減り、

直接的に(シンプルに)使うことができるようになります。

 さらに、非可聴域で駆動できるようになれば、

無音で動く振動体となりますので、応用先はめちゃくちゃ広くなります。

ということで、けっこう期待してます。

 

今回は、バイアス電圧の印加により、6kHzまでの駆動が可能になった

という話。これ、すごいです。今まで(1kHz)と比較すると。

ある程度高い周波数で駆動できるようになってます。

将来明るいアクチュエータのように感じました。

ちょっと感動!

 

音声周波数帯でのアクチュエータということで

応用先を探すのもよいですが、

できれば、 

SMA、もう少し高い周波数で駆動できるようになってほしいです。

最低 10 kHz 以上。できれば20kHz以上。

 

ということで応用研究ではなく、基礎研究進めてほしいです!

 

***

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

11/27新技術説明会、【呼吸監視用電波センサ】がすごそうだった

 

11/27にライフイノベーション新技術説明会に行ってきました。

話を聞いて興味深いと思ったセンサがありましたので、紹介します。

 

センサ紹介:呼吸監視用電波センサの研究開発


f:id:sakamtty:20181127215154j:image

(1)原理

UWB(Ultra WideBand※の電波を送信し、

人から跳ね返ってくる反射波を受信。

反射波を周波数解析して、人の心拍や呼吸の深さなどの情報を収集。

UWB

かなり広い帯域幅(500MHz以上)を使用する無線通信

 

(2)メリット
・同時に複数人の呼吸監視をが可能
・非接触
・寝返りや体動なども監視可能

(3)現在の課題

・4人以上のモニタリングはまだ試験未実施
・量産体制まだ整っていない

私個人の質問と登壇者からの回答

Q.どれくらいの距離までにいる人まで計測可能でしょうか

10dBの電波を発信するならば、20mくらいまでならば測定可能。


Q.キャリブレーション(較正)はどうやっているのでしょうか

今は測定時ごとに個別対応している。

けっこう大変なので、自動化すべく基板やソフトウエアを開発中である。

 

感想

 一番興味をもった点は

「1個のセンサで

複数人の心拍数や呼吸深さを

同時に測れる」

という点。

設置しやすさやコスト面を考慮すると、

一部屋にセンサ1個だけ設置すればよいというのは、

とても良いです。

 

製造業だと、一番有効だと思う使い道は

 「工場の作業者の健康状態モニタリングに使えば、

  作業者の深い疲労を早期に察知でき、

  倒れる前に何らかの対処ができるようになる」

のではないかと。

作業者の健康状態って、見た目や言動だけじゃ判断しづらいですし、

倒れてから対処するのでは遅い過ぎですからね。

 

あとは、ビルの建築とかですと、

酸素欠乏するような場所での作業者管理に

有効かもしれません。

 

もちろん、普通のオフィスでも有効でしょう。

特にきついブラックな環境下で働く現場では

1年に1回の健康診断では不十分ですし。

 

研究者たちは乳幼児や老人への適用を考えているようですが、

私は、それよりかは労働者の健康を守るのに使えそうに思いました。

 

市場に出てくるまでにはもう少し時間はかかりそうです。

解析もまだまだ人の手を介していましたので、

ソフトウエア面での完成度もまだまだでしょう。

このあたりは、センササイエンティストがお手伝いできれば、

より早く市場に出せそうなんですが。。。

 

いずれにせよ、将来的にはいろいろな道が拓けそうなおもしろいセンサだ

と思いました。

 

***

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

ps4が欲しい。

私は、息子です。

youtubeに、ゲーム実況動画をアップロードしたいです。

なので、ps4が欲しいと親に言うと、

「自分で買いなさい」と、言われました。

だけど、私のおこずかいでは、買えないので、

皆さん是非よかったらps4を買うためのお金を寄付してください。

お願いします。