sakamttyの日記

天文、宇宙、子育て(一児の父)、本・絵本について書いてます。

クラウドソーシングが天文業界で流行ると、簡単な仕事や現場に行く仕事は格安に!ポスドク問題解決?

img1   一般の市場では、最近クラウドソーシングで仕事依頼するのが普及し

   つつあります。例えば、ランサーズ [Lancers]  やクラウドワークス

   です。しかし、天文業界ではほとんど浸透してません。

   もっ・た・い・な・い。

   では、もし天文業界でクラウドソーシングが普及したら

   どうなるでしょうか。

 

 

日曜大工仕事が安価になり、観測機器が増加

 日曜大工的な仕事とは、ちょっとした小物(箱など)を工作するなど

 それほど高い技術を必要としない仕事を指します。

 高い技術は必要ないですが、企業に発注すると、

 そこそこ高い技術料をとられます。

 出来栄えはすばらしいですが、どんなに安くても5万円はとられます。

 リッチな研究者ならそれくらい簡単に出すでしょうが、

 私のようなビンボーな研究者だと

 鼻から牛乳です。

 

 

 では、Lancersなどで発注すると、どうなるでしょうか?

 高い技術はいらないので、手を挙げる人は

 それなりにいらっしゃると思います。

 すると、競争が発生し、価格はおのずと下がります。

 Lancersだと1/5以下になると考えられています。  

 もちろん、小物づくりだけで観測機器が完成するわけではないですが、 

 1台の観測機器を作るのにかかる費用はが今よりも安価になります。

現場に行かねばならない仕事は現場近くに住む人が受注!

 

 

 

 天文の観測では、観測機器のトラブルがあるのが普通です。

 現場にいる人が対処しますが、何でも解決できるわけではありません。

 こんなときは、わかりそうな人にきてもらうしかないです。

 トラブル対処は現場に行かないとわからないことが多いですので、

 わかる(と思われる)方に出張してもらわねばなりません。

 

  ここで発生するのが旅費。これがバカになりません。

 例えば東京の企業様に美星まで1泊2日の日程で、2人来て頂くとすると、

 交通費+宿泊費だけでも8〜10万円かかります。

 しかも1回目は、たいがい調査しただけで終わります。

 直して頂くには、少なくとももう一度出張してもらわないといけません。

 それで直らなければ何度か出張して頂く・・。

 つまり、20万円以上かかります。 

 

 では、もし、岡山県内にトラブル対処できる(と思われる)方が

 いらっしゃったらどうでしょうか?

 交通費だけですので、2000円。

 

 安いです。ジャンジャン来て頂きましょう。

 こうなると、観測機器も速く直り、かつ

 観測もすぐに再スタートできます。

 

 例として、機器トラブルをあげましたが、

 それ以外にもこれまで現場に行かないと、

 いけなかった仕事はこれと同じ現象が起こるでしょう。 

地方のポスドクや学生など参入!ポスドク問題解決?

今までの仕事受注先は

 企業様

でしたが、クラウドソーシング導入後、請け負うのは誰でしょうか。

 ・高度な技術をもつポスドク

 ・天文関連の技術を学びたい学生

 ・工作技術をもつ、天文以外がご専門の方

    ・天文台の近くに住む人

  ・企業

です。

地方に住むポスドクや学生は、都会に住む人に比べて

非常勤ポストが少な、研究会に行くのに時間とお金がかかる、

議論する人がいないなど、非常にやや不利なことばかりでした。

でも、今度は多少有利になるでしょう。

ポスドク問題も多少解決されると期待。

 

天文業界でもクラウドソーシングで仕事依頼を流行させましょう!!