sakamttyの日記

天文、宇宙、子育て(一児の父)、本・絵本について書いてます。

比熱と熱伝達率と熱伝導率

・比熱

・熱伝達率

・熱伝導率

この3つの単語は

熱解析を行う上でも、

熱の流れを考える上でも、

とても重要な単語です。

 

しかし、混同されて使われることが

けっこうあります。

でも、図で考えれば難しくないです。

 

 1.比熱

 ある物質1gがあります。

これに外から「えいっ」と

熱を与えます。

この時物質は暖かくなります。

ちょうど1℃上がった時の

熱の大きさが比熱です。

 f:id:sakamtty:20161115081730p:plain

 

2.熱伝達率

たいてい物質は単独では存在していません。

なにか別の物質と接触しています。

接触している面積を1㎡としましょう。

 

温度が違う物質同士が接触していると、

熱のやりとり(移動)が起こります。

ちょうど1℃温度が違う物質同士が接触した

とします。

この時どれくらいもう一方の物質へ

熱が伝わるか、

表した量が熱伝達率です。

 

f:id:sakamtty:20161115081739p:plain

3.熱伝導率

先ほどの、2つの物質が接触した状態を

もう少し詳しく見ていきます。

実は、2つの物質は

より小さな領域に分かれます。

この小さな領域にある物質同士は

熱のやり取りをします。

こうすることにより、

より厳密に熱のやり取りを計算できます。

 

距離1m離れた領域にある物質同士が

温度1度だけ異なっているとき、

もう一方の物質へどれくらい熱が伝わるか、

表した量が熱伝導率です。

 

f:id:sakamtty:20161115081750p:plain

簡単でしょう?

 

***

熱解析のご依頼は

sakamototsu あっとまーく gmail.com

(あっとまーくを @ へ変換)

まで。

***

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村