sakamttyの日記

天文、宇宙、子育て(一児の父)、本・絵本について書いてます。

絵本「おしいれのぼうけん」古田 足日、 田畑 精一

私(父親)の、家でのdutyの1つは息子(小2)の寝かしつけ。

本物の絵本を読み聞かせて、

私の適当な作り話を聞かせて寝かせるだけですけど、

いろいろな意味で大切な時間。

絵本はうちの母が送ってきた本がメイン(たまに学校で借りてきた本)です。

私が小さいときにあった絵本が多いですね。

例えば、かこさとしのシリーズ。

作り話は、時事ネタや学校ネタをアレンジしたものが多いです。

例えば、オレオレ詐欺をアレンジしたおじいちゃん校長先生。

詳細はくだらなくてお恥ずかしいので、息子と2人だけの秘密です。

 

息子、楽しくて興奮していつもなかなか寝付けず。。。

が、昨日は絵本を聞かせただけで、爆睡。

その絵本とは「おしいれのぼうけん」

この絵本は1974年に発売されたので、

ご存知の方もいらっしゃるのでは?

2人の子供がわるいことをした罰として、

保育園の先生におしいれに閉じ込められるのですが、

その後ねずみばあさんに会って・・・と

ちょっとした冒険をしていくものです。

 

どうも、途中に出てくるねずみが怖くて、

思考停止してそのまま寝ちゃったようです(笑)。

この技、しばらく使えそうです(笑)。